一足、二足、サンダル!

一足、二足、サンダル!

オフィスに適したサンダルは爪先が覆われている

履物の指定がないオフィスでは、サンダルを履いて作業に勤しむ光景がよく見受けられます。その根拠は人によってさまざまで、中でも大多数を占めるのは足元のファッションを楽しみたいということです。着用する衣服だけでは個性を発揮できないので、履物の制限がなければサンダルを履こうとする動きが広がるというわけです。なお、オフィスで好まれるサンダルには特徴的な部分があります。爪先が素材で覆われていて、なおかつ装飾が施されている点です。オフィス向けのワンポイントがあしらわれたサンダルを履けば、ビジネスシーンに配慮したファッションを楽しめます。控えめなデザインであるにもかかわらず、ビジネスシーンでは一際ファッショナブルに見えます。オフィス内部では足元にも気を配っている人物であるとの評価を受けますから、ファッション関連の企画を任せてもらえたりと仕事の幅が広がる可能性は高いです。足元で個性を演出すれば、いろいろと得るものがあります。

オフィス内ではサンダルがおすすめです

事務仕事など内勤の場合、足元は皆さんどのようにしているのでしょう。女性の場合、通勤ではカジュアルスーツにヒールを合わせている方が多いです。そして会社に着いてそのまま、もしくは指定の事務服に着替えます。どちらも足元はヒールのままという状態が多いですが、正直その状態はキツイです。爪先はギュウギュウに詰め込まれ、ただでさえデスクの下に入れっぱなしの状態なのに、その上、靴も履きっぱなしでは通気性が悪く足元はムレてしまいます。そんな足元では快適に仕事ができません。

そこでおすすめなのがローヒールのサンダルです。爪先は解放され、ムレの心配もなく快適に過ごせます。また、ベーシックな黒系でシンプルなデザインならオフィスでの足元として何の違和感もありません。急ぎの仕事がはいっても、ヒールを気にせずに小走りが出来るほどです。また、こういったサンダルをオフィスに一足常備しておくと、通勤途中に急な雨などで靴が濡れてしまっても履き替えることができます。
このようにオフィス仕事の場合、サンダルなら快適な足元で仕事ができます。

おすすめWEBサイト 5選

LEDテールランプの球切れ修理
http://www.k-modest.com/tail_lamp.html

2017/3/8 更新