一足、二足、サンダル!

一足、二足、サンダル!

靴とは違うサンダルのサイズ選び

弾力性のある素材で構成されたサンダルは、靴とは異なる基準でサイズ選びを行わなければなりません。靴は足全体を保護して歩きやすくするための知恵が凝縮されている一方、サンダルは曖昧な履き心地が正常とされる傾向にあります。なおかつ素足と同じような感覚で移動できることを目指しているので、靴と変わらない基準でサイズ選びを進めるのはいただけません。万全を期すために、いつも履いている靴より少しだけ大きいサイズのサンダルを選ぶことが賢明です。また、サンダルによっては海の向こうの土地で製造されているものがあります。それらも均一的なサイズの基準に基づいて製造されますが、大きさを表すデータは地域によって異なることが多いです。居住地内で通用する値を根拠に品定めしていても、実際の大きさが違っていることは珍しくありません。試し履きを徹底させることによって、品定めの見立て違いを防げます。履き心地を確認しておけば、海外基準の値が明記されていても問題はありません。

サンダルのサイズの選びかた

最近では、インターネットでもかんたんにサンダル類を購入することができ、中には何日以内ならば無料で返品ができるというお店も多くあります。ですが返品の手間を考えても自分にジャストなサイズのサンダルを見つけたいものです。
サンダルの正しいサイズというのは、わりと小さ目と考えておくと良いです。理想的には、女性なら横から見たときに少しだけかかとが飛び出しているくらいの見た目がジャストといわれます。

いつも履いている靴と一番違う点は、素足で履くことが多いことにありますので、素足で履いていると、自分が思っていたよりもなじんでサイズが大きく感じてくることがあります。
また大き目のサンダルのだと足から離れやすくなってしまうために、歩くたびにペタペタと音がしたりと見苦しくなりがちですし、なにより歩きにくく、無理をしていれば骨格のゆがみにもつながってしまいます。 ですので、普段の自分の愛用の靴よりも半サイズほど小さ目を注文するのがおすすめです。

pickup

ベラジョンカジノ体験
http://xn--lckzab2g4bzem6f3697aet4b0r0a5x6h.com/

最終更新日:2017/3/8